FC2ブログ


タイトル画像

中沢メソッドの本が出版されました

2011.01.24(09:55) 40

     『ものづくりの切り札中沢メソッド』が日科技連から出版されました。 

 
中沢メソッドの本


 本書は中沢メソッドの今までの理論的研究の成果と企業での使用実績から得られたノウハウを集大成したものです。レクサットという新しく考え出された関数が活躍します。製造業における入り口の未踏技術の開発から、商品企画、製品開発設計、さらに製品を完成する最終の製造部におけるコスト低減・効率化・品質管理まで広く使え、しかも驚くほどの効果が得られています。経営投資戦略にも応用できます。難しい数学統計的な知識は一切不要です。以下に簡単に本書の内容を説明します。

第1章 レクサットとレクサット評価法
 レクサットという新しい関数の理論とこれを複数の要求項目の全体最適評価に使うための公理、これらの理論にもとづくレクサット評価法を解説。

第2章 レクサットを用いた感性評価
 レクサット評価法を感性評価に応用する解説。さらに QFD に応用すると QFD がより合理的で信頼性の高いものに変わるという解説。

第3章 中沢メソッド
 レクサット評価法と直交表を組み合わせることにより実現した開発手法である中沢メソッドの解説。この手法はあらゆる分野に応用可能であり、短期間に驚異的な性能の製品開発が可能になる。

第4章 中沢メソッドによる開発事例
 中沢メソッドの応用事例を紹介する。既に50社ほどの企業が導入しており、成果を出しているが、企業秘密の関係でほとんど公表出来ないのが残念である。それでもご協力頂いた6社の例を含めて7件を紹介してある。

第5章 なぜ間違った発想をするのか
 次章で述べる商品企画では発想法が大切であるが、人は意外と間違った発想法で失敗する。失敗しない発想法を新しいメタコンセプト発想法も含めて解説する。

第6章 レクサットを用いた商品企画
 レクサットを応用した新しい、強力な商品企画の方法を紹介する。商品企画の入り口には従来のマーケティング理論で一般的なニーズから入る商品企画(これはあまりお勧め出来ない)の他に選りすぐれた3つの入り口があり、それらの手法を解説する。

 是非皆さんの仕事に用いて素晴らしい成果を出して頂きたいと考えます。 

            定価(本体3800円+税)

 旧著作『製品開発のための中沢メソッド』(工業調査会)とお間違いのないようにお願いします!

 

 

Recsat Hiromu



2011年01月
  1. 中沢メソッドの本が出版されました(01/24)
次のページ
次のページ