FC2ブログ


タイトル画像

リーダーシップ(12)

2010.11.18(13:02) 30

           リーダーには自己犠牲が求められる 

 現代の日本人の中で最も優れた奉仕型リーダーの1人は石川島播磨重工や東芝を経営の危機から建て直した社長であり,経団連会長,国鉄などの民営化を実現した臨時行政調査会会長を歴任した土光敏夫であると思う.
 
 土光は理想的なリーダーであった.自分を犠牲にしても,「自分がやらなくて誰がやる」という信念で行動した奉仕型リーダーであった.奉仕型リーダーには自己犠牲が伴うが,その意味でも彼は理想的な奉仕型リーダーであった.無私,無欲,清貧の生活を送り,会社や国や次世代の国民のことだけを考えて行動している.社長や国の重要な役職に就いても,国鉄の電車で吊革につかまって出勤している.会社でも役員に一切贅沢をさせなかった.
 
 年収は5,100万円あっても,3,500万円は母親の創立した橘学苑(女子校)に寄付してしまい、税引き後の一ヶ月の生活費が5万円程度であったという.古い家に住み、自宅の庭で作った野菜とメザシを食べていた.しかし,寝る間も惜しんで国家・国民のために汗を流した.これぞまさにリーダーの理想である.
 
 土光のリーダーシップがなければ,われわれは今のサービスの良いJRは利用することができなかった.労働組合に支配され,自分たちの都合でたびたびストライキを実施しては迷惑をかけ,税金を湯水のように使って累積赤字を何十兆円も積み上げ,横柄な態度の国鉄職員に頭を下げながら,今だにわれわれは汚い電車を利用していたであろう.

 現代の政治家や社長に土光のようなリーダーシップと自己犠牲を求めるのは無理かもしれないが,リーダーの原点は忘れたくないもものである.

 会社を含めて組織は常に変革し続けなければ凋落し,崩壊してしまう.このような例を嫌というほどわれわれは目にしてきた.山一証券,そごう,ダイエー,三菱自動車,雪印乳業,不二家,日本航空…数えだしたら切りがない.
 
 変革は組織に十分な体力があるときにこそ行わなければならない.体力がなくなり,倒れかかった時に慌てて変革しようとしても遅いのである.

 変革の中で最も大切なのは,その組織の1人1人の意識変革である.自分のことしか考えない人ばかりになったらおしまいである.セクショナリズムや組合主義では部分最適化に陥り組織全体としては機能不全に陥ってしまう.全体最適化を考えて自ら行動する人が増えなければならない.

 現在の政治にそのようなリーダーがいないことが今の日本の悲劇である.自己犠牲を知らない政治家にだけ日本の国を任せていては日本の将来はない.われわれ国民がもっと積極的に意見や提案をインターネットで発信していかなければならないと考えますがいかがですか.

延暦寺

比叡山延暦寺の境内
国宝とは物質的なものではなく社会の
「一隅を照らす」ささやかな行為である
 という言葉が掲げてありました


   

Recsat Hiromu



2010年11月
  1. リーダーシップ(12)(11/18)